ESOのクエスト攻略記事を始めます。派閥はアルドメリ・ドミニオン、時系列を追って公開していきます。

【ESO】AD:第一マップ ゾーンクエスト05 解き放たれた嵐

ゾーンクエスト05:解き放たれた嵐

ロケーション:ケナーシズルースト

ゾーンクエスト

  1. 地平線の嵐
  2. 漂流した部隊
  3. 双子月の涙
  4. 外交の危機
  5. 解き放たれた嵐
  6. オーリドンヘ

今の状況

マオマーとの古い条約に縛られていたケナーシズルーストだが、マオマーの大使ウロンディルの悪事(シルヴェナールの暗殺及びグリーンレディの暗殺未遂)が発覚したことにより、ハラーニ首長はようやくアルドメリ・ドミニオンと条約を結ぶことに同意した。

ハラーニ首長との話が終ると、一人のカジートが駆け寄ってくる。

マオマーが海からキャッツアイ埠頭を攻撃した!コマンダー・カリニスが埠頭で防衛線を維持している。
マオマーがミストラルへ侵攻する前に阻止するため、彼女が増援を求めている。
ザエリはもっと増援を呼ぶ。急ぎなさい、遅き爪!

マオマーは、ドミニオンがケナーシズルーストに拠点を確立しないよう画策している。
キャッツアイ埠頭への大規模な攻撃を開始した。

ドミニオンのコマンダー・カリニスが、マオマーの侵略に対して防衛線を維持するために増援を必要としている。埠頭で彼女と話す。

コマンダー・カリニスと話す

ああ!マオマーがシーバイパーの部隊でキャッツアイ埠頭を攻撃したの。救護活動に加われる有能な人材は、いくらでも欲しい!

コマンダー・カリニスは、彼女の背後にあるミストラルの門を死守してマオマーの侵入を防ごうとしている。

 

それには先ず、市場に残っている負傷者をこちら側へ退避させる必要がある。

 反撃の準備をしているとザエリが言っていた
 (注:ハラーニ首長の元へ駆け寄ってきたカジートのザエリのセリフの中に”反撃”という言葉は無かったのだが?)
はっ!反撃?しっかりした防衛で十分よ。部隊は広く散在している。門を守らなければ、ミストラルはマオマーの手に落ちる。
 何かできることはあるか?
ドミニオンの軍をここから指揮するけど、生存者が市場から退避するまでこの門を閉じられない。こちらに誘導して。手前側の壁で、全員でミストラルを守るわ

コマンダー・カリニスからキャッツアイ埠頭の攻撃に対し、生存者を避難所へ誘導してくれと頼まれた

生存者を避難所へ誘導する

マーカーのついた人物と会話をする

カルピオンと話す


カルピオンによると海兵隊がシーバイパーへの反撃を考えているらしい。

マオマーの海賊たちは海から来た。キャッツアイ埠頭に溢れている!
 ここで何が起こった?
シーバイパーだ。奴らに頭を殴られたに違いない。
目が覚めると、シーバイパーが護衛の皮膚に妙なルーンを刻んでいた。壊れた槍で、そいつを殴って逃げたんだ
 重傷なのか?(護衛がつくような人物?)
そんなことはない、まだ動けるさ。ミストラルへ向かう。安全ならな。
八大神にかけて、ドミニオンの兵士に会えるとは感激だ。フィリオン軍曹は逆襲を果たせるかもしれない。
 逆襲?
キャッツアイ埠頭への門の側にいる海兵隊は、シーバイパーに反撃する予定だ。
彼女なら詳細を話してくれるだろう。
先に進むぞ。神が力を下さった!

ベラティンと話す

ベラティンによると海兵隊の指揮官はフィリオン軍曹と言う者らしい。

マオマーの海賊たちをミストラルにたどり着かせるな。家族が虐殺されてしまう!
 ここで何が起こった?
水面からグレートサーペントが出てくるのを見た。臆病なシーバイパーどもは、近くにいた全員に噛みつかせた
 負傷したのか?
いや。隣人が倒れるのを見て逃げ出した。なんてカジートなんだ、俺は?
ドミニオンの連中と一緒だろ?フィリオン軍曹は逆襲を計画している。あの臆病者の海賊たちに罰を与えてやってくれ!
 避難したほうがいい。ミストラルへ行け
そんなことはしない。もし、シーバイパーが門のこちらに姿を見せたら、俺がカタを付ける

キャッツアイ埠頭への門にいる守備兵の元へ行く

フィリオン軍曹と話す

フィリオン軍曹は、シーバイパーの計画を探るためにすでに斥候を埠頭へ送っていた。

キャッツアイ埠頭の斥候に部隊を送ったわ。シーバイパーの計画を明らかにするため、探りを入れさせる。
心配しないで、あなたの魔術師の友達なら、我々の背後の門を閉じられる

 

キャッツアイ埠頭への門の手前にはフィリオン軍曹と、一人の「魔術師」が居る。


クエスト「双子月の涙」で出てきたルレリオン、またはガスウェンだ。
どちらがここに居るかは、嘆きの泉の聖堂での選択によって変わってくる。

海兵隊(フィリオン軍曹)か、魔術師(ルレリオンまたはガスウェン)のどちらかを同行させて埠頭に入る。残った者は門を死守することになるようだ。

自分が接近戦タイプなら魔術師を・・・なんて難しいことを考えなくても戦況に大差はないので感情にまかせて選んで構わない。

フィリオン軍曹と話す

ここで何をしているの?
どうでもいいか。シーバイパーの頭蓋骨を陥没させたい気分なら、私は構わないから。
 生存者の一人が、逆襲を考えていると言っていた
冷たい空気が海を突き抜けるのを感じる?ハリケーンが起きる前のように。
あの蛇たちの首を落とすのが待ち遠しい。我々はドミニオンの逆襲部隊よ。
 何かできることはあるか?
キャッツアイ埠頭の斥候に部隊を送ったわ。シーバイパーの計画を明らかにするため、探りを入れさせる。
心配しないで。あなたの魔術師の友達なら、我々の背後の門を閉じられる。
 門を守るべきでは?
魔術師が必要だと思うなら、私がこの門を守るわ。もしくはドミニオンの海兵隊でも。あなた次第よ

ルレリオンの場合

ああ、お前か。奇妙な場所でよく会うようだな。
 ここで何をしている?
ガスウェンを嘆きの泉の聖堂から解放しようとする試みは失敗に終わった。ミストラルには、古代マオマー魔術の文書を探しに来た。
だが、マオマーがキャッツアイ埠頭に魔術を持ち込んだようだ。

同行を望むなら、急いでくれ。シーバイパーは成功を確信しない限り、部隊を動かさない。
 自分で身を守れるか?
味方を落ち着かせる方法は覚えている。答えになっているかな?
研究室では、戦闘中にマジカを実践的に使用する方法も研究している。戦いを恐れることはない。

ガスウェンの場合

シーバイパーは、一人もこの扉を通さない
 ここで何をしている?
マオマーの大使館へ行ったの。彼らならルレリオンを嘆きの泉の聖堂から解放する方法を知っていると思って。でも代わりに彼らがキャッツアイ埠頭を攻撃しているのが分かった。
黙っている訳にはいかなかった。

嘆きの泉の聖堂で助けてくれたわね。恩返しをしないのは愚か者だわ。シーバイパーの計画が何であれ、急がないといけない。
 本当に戦いたいのか?
あなたの勇気はもう証明されている。もしこの戦闘で死ぬなら、一人寂しく浜辺で死ぬより、あなたの側にいたい。
でも、死ぬ気は毛頭ないわ。あなたがシーバイパーの注意を引いたら、立っていられるよう何でもする

フィリオン軍曹は、マオマーのキャッツアイ埠頭に対する攻撃は想像以上の規模だと信じて、マオマーを阻むために支援を要請してきた。海兵と魔術師のどちらかを同行させる。

キャッツアイ埠頭に入り、マオマーの計画の痕跡を探す

マオマーの計画の痕跡を掴む

キャッツアイ埠頭の建物は無残に破壊され、シーバイパーたちが暴れまわっている。

フィリオン軍曹が送り込んだという斥候を探しながら、マオマーの襲撃計画に関する手掛かりを探していく。

エデラスと話す

建物の中で、エデラスと負傷したオングローンを発見。

エデラスとの会話が終ると、
自分の役割を果たしてくれたわね。いつでもミストラルに戻るといい
と、フィリオン軍曹の天の声が聞こえてくる。(どこにいるんだ?フィリオン軍曹は・・・)

いつの間にか、イールシルのメモ、その1がクエストアイテムの所持品に入っている。

イールシルのメモ、その1

何かが建てられている。大きなものが。キャッツアイ埠頭の空気が確実に音をたてている。嘆きの泉の聖堂の古代のエネルギーとはまるで違う。新しい、今にも破裂しそうな!
この身体の彫刻は明らかに何らかの関りがある。儀式魔法だろうか?もっと調べなければならない。

 

とつぜんここで、嘆きの泉の聖堂でウルドールが復活してしまった原因を作った男「イールシル」の名前が出てくる。

クエスト:双子月の涙のワンシーン

メモに「この身体の彫刻は・・」とあることから、エデラスが「シーバイパーがオングローンの胸にルーンを刻み込んだ」と話していたオングローンのことを言っているのか?

ニステルを探しに行く。

やあ
部隊がばらばらになってしまった。俺とニステルはオングローンを見つけた。奴らにひどくやられたようだ。
 彼に何が?
シーバイパーが奴の胸にルーンを刻み込んだ。俺は奴を抱きかかえた。ニステルが追い払ったんだ。
 ニステルはどこに?
シーバイパーを狩り立てている。もし彼女に会ったら、オングローンは大丈夫だと伝えてくれ。
 ミストラルにおけるシーバイパーの計画が分かったか?
港の近くでたくさん見た。当たってみるといい

ニステルを発見する

倉庫の中でニステルの死体を発見する。

ニステルの手には血に塗れた1枚の紙があった。

イールシルのメモ、その2を入手。

イールシルのメモ、その2

無駄だ。ルーンの彫刻は対象に非常に深く彫られている。この過程では誰も生き残ることはできない。マオマーだけがなぜこの彫刻が重要なのか知っていて、疑問に多少は抵抗できることが証明されている。
キャッツアイ埠頭の終わりで、エネルギーは洞窟の入口に向かって流れているように見える。蛇の形のトーテムにつながりがあるのだろうか?秘密を解き明かさなければならない!

分類されていないメモ

同じ室内の木箱の中に入っている。

・港の衛兵は最低限(日)
・港の衛兵は最低限(夜)
・火事への遅い対応
・従順で無知な密売人
・影響を受けていない風のトンネル
・嵐のトーテムがおかれた
・迫りくる大嵐

なにかの符合のような箇条書きだがこれはマオマーによるメモだろう。

イールシルのメモ、その2に書いてあった
キャッツアイ埠頭の終わりで、エネルギーは洞窟の入口に向かって流れているように見える
を参考に埠頭のはずれに行くと洞窟の入り口に一人のカジート、マザルがうずくまっている。

マザルと話す

マザルの話によると、洞窟(密売人のアジト?)にシーバイパーの襲撃があり、おかしなトーテムを設置していたようだ。
そこに一人のハイエルフが洞窟に侵入しようとしたため、シーバイパーたちは洞窟の入口を塞いでしまった。
ハイエルフはマザルの手に一枚のメモを押し込んで立ち去ったという。

イールシルのメモ、3ページ

爽快だ!遠吠え、稲妻・・・・あらゆるエネルギーが洞窟の「嵐のトーテム」に引き込まれた。しかし、入ろうとすると、愚かなマオマーたちが入口で倒れていた!
命令によって腐敗したスクゥーマの密売人を見つけているドミニオンの職員のために、洞窟に入る別の方法を探す。埠頭周辺で見つけたら、来てほしい。調査に手を貸してもらいたい。
イールシル

私の読解力が低いのだろうか?どうもここの流れがマザルとの会話からではつかみにくい。

頭の中がガンガンする。だけど、まだ頭っぽい形してるから大丈夫・・・だよな?
 何が起こった?
洞窟で働いていたら・・・変な唸り声が聞こえて、どこからともなく奴らがやってきて、殴って来たんだ。
 誰が攻撃を?
シーバイパーさ、マオマーの海賊たちだよ!一カ月間、用心棒代を払って、洞窟におかしなトーテムを置かせてたんだ。ああ、スクゥーマの取引には、関わってなかったよ!
あー、つまりムーンシュガーのことだ。
 奴らは何をしたかったんだ?
俺達を殺したかったんだろ?
たくさん殺した後、残りは生かしておいた。反撃しないと分かったからだろうな。トーテムだけを気にしていた。まあ、洞窟の入口を破壊するまでは。
 なぜ彼らは洞窟を壊した?
ハイエルフの魔術師が入ろうとして、トーテムを壊したんだ。俺はすぐ外に飛び出した。ラッキーだったよ。
魔術師は何か言ってたけど、何も聞こえなかったな。俺の手に紙を押し込んで立ち去った。ほら。あんたならどういうことか分かるだろ
 避難したほうがいい。
何だって?耳鳴りがしているんだ。もう一度ゆっくり言って貰えないか?
待て、待ってくれ・・・恩知らずなんて思わないでくれよ。そのハイエルフの魔術師は洞窟に入る別の方法を探していたんだ。絶壁の側にある秘密の扉の噂を耳にしたことがある。見たことはないけどね。
 ありがとう。

 

見つけた手掛かりを元に、キャッツアイ埠頭の北外れにある洞窟内の、古びた密売人のアジトに到着した。風のトンネルの入口は塞がれているが、崖近くにある秘密の入口を見つける

風のトンネルに入る

洞窟の入口は塞がれてしまったが、近くの小屋の中にある秘密の入口から風のトンネルに入ることができる。

洞窟の中でイールシルを発見する。

メモの作者を風のトンネル内で発見した。イールシルには以前嘆きの泉の聖堂で会ったことがある。キャッツアイ埠頭で何をしているか確かめる

イールシルと話す

イールシルの見立てでは、この洞窟で行われている儀式はドミニオンの艦隊を沈めたハリケーンの大規模なもののようだ。
儀式を止めるためには、クエスト:漂流した部隊でマオマーの儀式を止める時に使用した磁鉄鉱のような物を使い、嵐のトーテムからエネルギーを吸い取る必要がある。

トーテムは風と精霊の組み合わせを利用しているようだ!これを使って・・・
失礼、どうかしたかな?
 シーバイパーを止めに来た
そうか!止められれば良いとは思うが。
シーバイパーの儀式は野蛮だが、実に効率的だ。ケナーシズルーストの艦隊を攻撃するハリケーンなど、今の計画に比べればどうということはない。
 ハリケーンより悪いものとは?
明らかに、血の生け贄の基本をわかってないようだな。
蛇の形の銅像<嵐のトーテム>が見えるな?ルーンで印をつけた生贄から、精霊のエネルギーを集めて誘導するんだ。漏斗を通る水のようにな。
 その儀式をどうすれば阻止できる?
実にいい質問だ!
シーバイパーはその誘導を阻止するため、特別な磁鉄鉱を使うようだ。機能している嵐のトーテムに近づいて、力を磁鉄鉱で抑えろ。すると、無害なままエネルギーが吸い上げられる。自分でやってみるといい
 無害なのは確かか?
確かだ!さあ行け、ためらうな。嵐のトーテムのエネルギーはお前を生気の無い、煙を吹いた抜け殻にするまで身体を流れる訳じゃない。
ただ、その水たまりは避けるようにな?

会話が終るとクエストアイテムの中に「イールシルの磁鉄鉱」が入っている。

この磁鉄鉱は今にも爆発するかのようにパチパチと音を立てている

この自己中な男はそれでもやはり優秀なようだ。ただここでも安全が保障されていないだろう磁鉄鉱を私を実験台にして使わせようとする。

イールシルは、嵐のトーテムに蓄積した力を奪うためにマオマーのウォーターストーンを改造しているそうだ。成功には至ってないが可能と思われる。洞窟でトーテムに試す

イールシルの磁鉄鉱を使う

さあ、磁鉄鉱を嵐のトーテムに近づけてくれ。大丈夫だと確信している。
ほぼ確信している、かな。60%確かだ!控えめに言って。

40%の確率で丸焦げになるかもしれないがイールシルの磁鉄鉱を使い、嵐のトーテムからエネルギーを吸い取る。
さいわい、感電して丸焦げになることはなかった。
気を良くしたイールシルに、洞窟内の他の嵐のトーテムからも同じようにエネルギーを吸い取るように言われる。

すごいじゃないか、接近することがカギだと思ってたんだ!それに、どうやら感電もしなかったようだし。
基本は分かったな。では他の嵐のトーテムも同じようにやっていこう。あと・・・いや、余計な心配はさせない方がいいな
 何が心配だって?
ああ・・・いや、本当に大丈夫だ
 シーバイパーはどうして嵐のトーテムを必要としている?
確かなことは言えない。二つ可能性があるが、どちらもこの島の住民に害をもたらす。大量のエネルギーを短期間で集めたくなければ、血の儀式などやらないからな。
そして、それを素早く放出する必要もあるんだろう
 どういう意味だ?
いいか。嵐のトーテムを片付けてくれ。私はミストラルを破壊せずに、シーバイパーの血の儀式を妨げる最適な方法を探す。公平な話だろう?
はっきりしているのは、時間がないことだ。急ごう

マオマーの儀式を妨害するため、風のトンネル内で嵐のトーテムの力を奪う

磁鉄鉱を使って嵐のトーテムから力を奪う:0/5

シーバイパーたちと戦いながら洞窟内の5か所の嵐のトーテムを制御していく。

途中、テント内で<ルーストの密売人台帳>という本を読むことができ、この洞窟が確かに密売人のアジトであったことがわかる。

現在の在庫:
未加工のムーンシュガー、42バレル
精製済みのムーンシュガー、12バレル
加工済みのムーンシュガー、4バレル
「S」、7ケース(80瓶/ケース)

ケナーシズルースト周辺はドミニオンのこそ泥がうろついているから、生産は控え目にしなくてはいけない。出荷はなし!未加工のムーンシュガー以外は全て隠す。ドミニオンの奴に聞かれたら、ムーンシュガーは涼しい場所で保管するのが一番だと言ってやる。砂糖を保管する涼しい場所、それはまさに風のトンネル全域だ。

ジョーンとジョーデが救世主を送ってくれたかもしれない。仲間の一人が、小銭稼ぎをする気があるドミニオンの船乗りに出会った。もし古いシーキャットの船が浅瀬に近寄れたら、バルケルガードを急行させることだできる。

 

また、洞窟の奥の方でシーバイパーに捕まっている密売人が居る。

助けてあげると「逃げられないと思っていた」と言い残してさっさと走って行ってしまうので会話はできない。
*女性の密売人の場合「やっと自由になれた」と、セリフが違う。

嵐のトーテムから力を奪った。イールシルと話してマオマーの儀式について彼が知り得たことを探る

5つの嵐のトーテムを制御し終えると、イールシルの声が聞こえてくる。

イールシルだ。意識に直接話しかけている。トンネル出口付近で私のサイジックの幻影を探せ。マオマーを阻止する方法が分かった。

イールシルのサイジックの幻影と話す

イールシルがマオマーの計画を判明させたようだ。
マオマー(シーバイパー)たちは、「嵐の精霊」と呼ばれる怪物を召喚した。
血の儀式で得た全てのエネルギーを「嵐の精霊」に臨界点まで注ぎ込み、弾けさせてケナーシズルースト全体を破壊させるつもりだ。

奴らの計画が分かったぞ!
サイジックの幻影で、ミストラルの北にある古い儀式場を観察した。シーバイパーは嵐の精霊と呼ばれる強力な怪物を召喚していた。彼らはそのエネルギーの全てを、支配した嵐の奴隷に注ぎ込んでいる。
 どういう意味だ?
この生物は集められたエネルギーに耐えられず、すぐに弾けるだろう。全てのエネルギーがケナーシズルーストを洗い流し、触れるものすべてを殺す。もちろん、サンダーバグを除いてな。
ああ、そしてミストラルの北にある山は砕け散る、街の形跡が残ることはない
 止める方法があるはずだ
ああ、しかし奴らの計画は天才的だ!嵐のエネルギーから出来た生き物を、風そのもので縛ったんだ!
3つの儀式が嵐の奴隷を閉じ込めている。しかし、今なら磁鉄鉱にその風に対抗できる、十分な嵐のエネルギーが貯まっている。優雅だと思わないか?
 嵐の奴隷を解放したらどうなる?
実体化した姿を脱ぎ去り、無事に蓄積されたエネルギーを放出するだろう。
<無事に>とは、ケナーシズルースト全体は破壊されない、との意味だ。始まったら嵐の奴隷から距離を取るよう勧める。頑丈な岩を間に挟め
 分かった、シーバイパーの儀式を止めよう
問題はないはずだ。万が一何かあったら、ケナーシズルーストから遠く離れた場所にポータルを開けておく。そこでお前が成功するあいだ、立ち泳ぎでもしているよ。
ただの用心だ。かなり自信はある!

満たされた磁鉄鉱をマオマーの儀式場へ持っていく。磁鉄鉱を使って「嵐の奴隷」を拘束している角笛を妨害する。そうすればマオマーの計画は頓挫するとイールシルは言っている

角笛を止める(3か所)

洞窟を出ると眼下にマオマーの儀式場が見える。
中央の嵐の精霊に向かって三方の巨大な角笛(ソーウェスター、セントレーリア、ノルイースター)からエネルギーが注ぎ込まれている。


それぞれの角笛を守っている敵を倒しエネルギーの供給を妨害する。

3つの角笛を全て止めると空は晴れ渡り、解放された嵐の精霊の声が聞こえてくる。

海の子よ!お前たちの力では嵐を抑えられない!

儀式場から脱出する

嵐の精霊が動き始める。急いで岩場の陰に逃げ込まないといけない。

はやく逃げるんだ!さあ、ここから逃げるぞ!ついてこい!

とラズム・ダーの声が聞こえてくる。あとを追って儀式場から脱出する。

嵐の奴隷を解放し、マオマーの計画は頓挫した。ラズム・ダーが現れ、儀式場より立ち去るよう促した。彼を追ってキャッツアイ埠頭へ戻る

ラズム・ダーと話す

キャッツアイ埠頭に戻ると、今回の騒動に関係した多くの者たちが一堂に会している。

マオマーの攻撃は挫かれた様だ。ラズム・ダーと話して、どうやって自分を見つけたのか聞く

友よ!勝ち誇って死を逃れることは興奮するものだな?
まあ、マオマーは興奮しないだろうが
 どうやって見つけた?
お前のおかげで、マオマーは逃げたか死んだ。ケナーシズルーストは安全になり、自発的にアルドメリ・ドミニオンに加わった。
言う必要はないかも知れないが、ラズム・ダーは有望な者に注目している。

クエストタスクに「どうやって自分を見つけたのか聞く」とあるが、ラズム・ダーに華麗にスルー?されてしまった。
この会話でクエスト:解き放たれた嵐は完了となる。
会話を続けると次のクエスト:オーリドンヘが開始する。

グリーンレディマオマーを殺し尽くしてしまった。まだいたら、教えて。
 これからどうする?
シルヴェナールを悼むわ。彼の遺体から油と、儀式のための道具を見つけないと。
手のぬくもりを感じて、耳に<全てのものは道を見つけ出す>と囁かれているようね。
でも気のせいよ。彼はもういない。そして私も、すぐに彼の所へ行く。
 どういう意味だ?
シルヴェナールはグリーンレディを支えてきた。だからいつも対だった。もう世界には長く留まれない。
マオマーの故郷を見つけられると信じるわ。愛しい人から<緑>に戻される前に、マオマーをマーラの涙の潮に溺れさせてやる

ハラーニ首長
今日、あなたはミストラルを救ってくれた。ケナーシの加護があるのだと思います。

フィリオン軍曹
終わったわ。シーバイパーは倒された。
勝った気分を味わうべきよね!?

ザエリ
お前は動きが遅くても、戦いを一変させた。価値のあることだとザエリは認めている。

ルレリオン
お前の勝利は続くだろう。ケナーシズルーストの民の命があるのはお前のおかげだ。
気をつけろよ。再び会えることを願っている。

ガスウェン
マオマーの魔術を見事に撃退したわね。
また会えることを願ってるわ。できれば、ルレリオンを連れてね。

エデラス
我々は沿岸を掃討した。コマンダー・カリニスは何人かマオマーを捕まえた。他はグリーンレディが皆殺しだ。
良く戦ってくれたな。

オングローン
ニステルの死を嘆くな。お前のおかげで、彼女の犠牲は無駄にならなかった。
神に愛されているようだな。

アストルネとカッド(どこかで出てきたっけ?)
ア:出発後にマオマーが街を攻撃?また戦いを見逃したっていうの?
カ:正直に言えよ。聖堂は面白かっただろ?
ア:石、水、そしておしゃべりな亡霊。どこが面白いの?
カ:すべて?
ア:どうしようもない人ね。

会話の内容から嘆きの泉の聖堂に居たのかな。

ところで、埠頭の壊された建物にマオマーの船乗りが二人生き残っている。
おまけに二人ともモヒカンだ。グリーンレディを呼ぶべきだろうか。
二人は不穏な会話をしている。


モヒカンA:すべて順調か?
モヒカンB:まだよ、あと少し。準備をする必要がある。
モヒカンA:とにかく間に合わせるんだ!
モヒカンA:ここでこの話はダメ。あとで会いましょう。

これ・・・儀式を阻止する前にもここに居てこの会話をしているんだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました