ESOのクエスト攻略記事を始めます。派閥はアルドメリ・ドミニオン、時系列を追って公開していきます。

【スカイリムSE】LotDクエスト:ウィンドコーラー峠での発掘 前編

誰が「ウィンドコーラー峠」に目をつけて探検することになったんだろう?

ギルドメンバー総出でのぞむ大規模探検。
長いので二回に分けて記事にします。

前編は「北ウィンドコーラー峠」内で起きることで区切っています。

LotDクエスト:ウィンドコーラー峠での発掘  

開始条件

Legacy of the Dragonborn内の条件

400個の展示品

メインクエストの条件

ドラゴンの目覚め」完了済

*「ドラゴンの目覚め」は、ホワイトランの西の塔で最初にドラゴンを倒して、自分がドラゴンボーンだと気づく超初期のクエスト

 

この状態で、マラッシ教授と会話をすると「ウィンドコーラー峠での発掘」が開始されます。

 

*ちなみに、Fandom情報によると「ナイトミュージアム」は独立して始まるようで、同時にアクティブにすることができるようです。

クエストの目的

このクエストは、ウィンドコーラー峠の探検という、ギルド総出の探検クエストです。
クエスト完了まで、ギルドハウスは無人になります。

クエストライン

マラッシ教授と話した後、ウィンドコーラー峠へと向かいます。
LotDクエスト「昔日の影」でいちど訪れているので、FTで飛ぶこともできますね。

ウィンドコーラー峠の探索隊に合流する

 

探検家協会ギルド総出の探検とあって、本格的なベースキャンプが張られています。
オーリエン館長もしっかり現地入りしてますよ。
幽霊騒動、強奪騒動と立て続けに災難にみまわれたので、たまには外で息抜きしてもらってもいいかもね。

 

キャンプ内は細かいところまで設定されています。

遺跡で発掘した発掘品を復元する作業台がテント内に設置されていたり、

戦利品や発掘品など探検で得られた大量の荷物を整理できる「集中保管箱」が荷馬車に設置されていたりします。

 

この荷馬車の表示が「収納許可品の自動収納」と翻訳されていますが、これは間違いで「集中保管箱」が正解です。詳しいことはこちらの記事に書いています。

【スカイリムSE】LotD:事務所兼作業部屋 前編
LotDの展示の方法やレプリカの作成方法を紹介します。展示にはいくつか方法がありますが、手動で箱に入れて分類して展示をするのがいまのところ安全な方法に思えます。

 

ギルドメンバーの中で、ゆいいつエリアナだけは探検には参加せずにオーリエン館長とベースキャンプに残ります。
「完璧なバックアップ体制」を取ってくれるとのこと。う~ん、心強い!!
不要な物はどんどん買い取ってくれます。

 

マラッシ教授を探して話しかけると、次の目的へ進みます。

ウィンドコーラー峠内を掃討する

北ウィンドコーラー峠全体図

 

クエスト「昔日の影」で初めて訪問した時にはふさがっていた岩が取り除かれて、奥に進めるようになっています。
マラッシ教授が話していた「邪魔な岩」とは、ここのことですね。

 

先へ進むと広い空間に、「ノルドの発掘現場」と「彫刻石板」があり、

 

「石板」には次のように書かれています。

汝の右側にいる者たちは暗闇で這うのを好む

汝の左側にいる者たちは・・・(残りの石板は壊れており、文字は判別できない)

 

これは、この先の道が左右ふたつに分かれていて、それぞれ出てくる敵がちがいますよって示唆です。
分かれ道、どちらを進んでも同じ場所に合流しますが、それぞれ宝箱や「氷の破片」があるので両方歩いてみるといいかもです。
宝箱が要らない人は「氷の破片」のある左側の道だけでもいいかな。

右の経路を進んだ場合

”暗闇で這うのを好む”「クモ」が大量に発生します。イニゴ大喜び。

宝箱がいくつかあります。

左の経路を進んだ場合

こちらは主に動物が襲ってくる経路。オオカミ、アイスウルフ、スノー・サーベルキャットなどが出てきます。

宝箱はありませんが、「氷の破片」を二つ入手できます。

一つ目は、橋がある大きな部屋の奥。

 

二つ目は滝がある場所の近く。ジャンプしていかないといけません。

クエスト「永遠の氷」開始

この「氷の破片」を1つ入手すると、「永遠の氷」というクエストが発生します。
オーリエン館長に話しかけると先に進みますが、このクエストについては別記事でまとめます。
「氷の破片」は全部で6つ集める必要があります。

 

マラッシ教授に報告する

しばらく進むと、大きな岩でふさがれた場所に到着し、「ウィンドコーラー峠内を掃討する」が完了。

マラッシ教授に報告するために、北ウィンドコーラー峠入口へと戻ります。
なかなか遠い帰り道です 🙁 

 

お茶を飲んでくつろいでいる教授に報告すると、二つの選択肢が選べます。

 

・発掘をメンバーにまかせて、ゲーム内で3日間待つ
・発掘を手伝う(一緒に掘って、12時間が経過すると完了)

発掘現場まで戻るのは手間ですが、手伝ってあげたほうがはやく進めます。この選択は今後、何回か出てきます。

ギルドメンバーと一緒に、ふさがれていた場所まで向かいますがみんな歩いて行くので、のんびり行きましょう。

岩を掘ると画面が変わり、ゲーム内で12時間が経過した後になります。

探索状況を調査する

岩が取り除かれた先から、ギルドメンバーたちが現れます。いったいいつの間に入ったんだろう 😕 

カイルと話をすると、

洞窟の先にドラゴンが2匹いて何かを守っているようだからなんとかしてよ、

と退治系をまた丸投げで振ってきます。

 

ウィンドコーラー峠の大広場を調査する

カイルの言う大広場に出る前に、洞窟内の未踏場所を進んでいきます。(ギルドメンバーはついてきません)
クマが3体やられてたりするので、いちおうメンバー達も頑張って戦ったんだね、すまんすまん。

フーラッカという名前持ちのトロールを倒して、持ち物から「フーラッカの鍵」を回収。

施錠された扉を「フーラッカの鍵」で開いて入ると、中に「氷の破片」があります。

 

氷の破片」を回収したら、先ほど開いた扉から戻り階段を上がって進んでいくと、二つ目の「彫刻石板」、ウィンドコーラーの標章があります。

 

石板には次のように書かれています。

我、ユルゲン・ウィンドコーラーは
氷と時間によって
造り出された土地に、
この聖堂を献納す

名前からユルゲン・ウィンドコーラーが関連していることは想像がつきましたが、ここはただの洞窟ではなく「聖堂」だったんですね。

 

*ユルゲン・ウィンドコーラーについては、こちらの記事に詳しく書いています。

【スカイリムSE】プレイ記録:41 メインクエスト「創始者の角笛」
メインクエスト「創始者の角笛」。ガレキの奥の宝箱を初めて回収しました。ネットにやり方、書いてあったのね。ユルゲン・ウィンドコーラーについて少し詳しく書いてます。グレイビアードの成り立ちなどご参考に。

洞窟の終点出口は、「ウィンドコーラーの隠所」と表示されますが、抜けた先は「ウィンド峠の大広場」という場所になります。

北ウィンドコーラー峠はこれでクリア。
後編記事は新しいエリアの探索から開始します。

次回へ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました