LotD:遺跡の発掘現場一覧 ドゥーマー、ファルマーの発掘現場各1か所追加 2020.10.18

【スカイリムSE】LotD:Tools of the Trade,商売道具 アルヴァロの道具

LotDクエスト「商売道具」。これはマラッシ教授のメモを読むことで始まります。

【スカイリムSE】LotD:探検家協会ギルド 探検家の遺物と北の野外基地
LotD、ギルド関連クエスト「商売道具」と「事業拡大」が開始。ギルドハウスに仲間が来てくれたので生活感が出てますます居心地よくなりました。

今回は「アルヴァロの道具」の入手記事。

アルヴァロの道具

ロケーション:ダイナス・ヴァレンのキャンプ地(マーカー出ます)

ダイナス・ヴァレンのキャンプ地は、フォルガンスールの南西に位置します。

フォルガンスールはノルドの遺跡で、クエスト「禁じられた伝説」で訪れるダンジョンです。
ダイナス・ヴァレンのキャンプ地には、テントが何張りか張ってあり「日記:ダイナス・ヴァレン 第1巻」のあるテントと、アルヴァロの道具があるテントがあります。

 

アルヴァロの道具の横にあるナップサックの中には、ノルドの遺跡から掘り出して集めたと思われる
・破片:ノルドの要石 3個
・破片:ノルド様式 32個

の他、ランダムで書籍1冊、回復薬、食料などが入っていますが「アルヴァロの日記」のような身元を判明するものは入っていません。

機能:破片から要石を発掘する 

アルヴァロの道具の機能は、

破片を消費して要石を発見する可能性がある

というもの。

 

??????

説明しよう!!

こちらの記事に詳しく書きましたが、ノルドの遺跡やドゥーマーの遺跡の発掘現場がスカイリムのあちこちに点在しています。

これらの遺跡を発掘すると、「断片」と「要石」を入手できます。
入手できる割合は圧倒的に「断片」の方が多く、「要石」は数回に1回、発掘できるレベルのなかなかのレア度。

この「断片」と「要石」を所持した状態で「発掘品復元作業台」を使うと、様々なアーティファクトを復元できます。

たとえばこちらの「ドゥーマーのゴブレット(モロウウィンド風)」は、

  • ドゥーマー様式の破片 10個
  • ドゥーマーの要石 1個

を消費することで復元できます。

この時の私のドゥーマー様式の手持ちが、破片:107個、要石:18個 と、圧倒的に要石が少ないのがおわかりいただけますでしょうか?(必要材料の後ろの( )内の数値)

 

別のアーティファクトを見てみましょう。

こちらの「古代ノルドのタペストリー」は、

  • ノルド様式の破片 15個
  • ノルドの要石 1個

を消費することで復元できます。

ノルド様式の私の手持ちは、破片:154個、要石:18個 です。

これらを復元する時に使う要石の量は各1個ずつなので、消費も最小限なのですがそれでも発掘のレア度からいずれ要石が足りなくなることが予想されます。

 

そこで「アルヴァロの道具」の出番です。

「アルヴァロの道具」を使うときには、インベントリー内に「破片」が入っていないと使えません。
ノルドの破片を所持してやってみます。

要石を見つけるために2つの欠片をくり抜きますか(成功すると2つ消費し、失敗すると1つ失う)?確率は考古学スキルに基づきます

とメッセージにあるとおり、所持しているノルドの破片を2つ消費して、要石を1つゲットできるか、失敗して破片を1つ失うか、の一か八か。

この時の私の考古学スキルは23です。

ちなみに、遺跡の発掘でしか考古学スキルが上がらないモノと思っていたのですが、アーティファクトを復元しても考古学スキルは1あがりました。

9回、試してやっと1回成功しました。つまり、この場合は失敗9個、成功2個の合計11個の破片を消費して要石を1個ゲットです。

考古学スキルがまだまだ低いからでしょうか?なかなか効率が悪いです。

これは遺跡の発掘をこまめにやって材料を集めて、作れる限りのアーティファクトを復元してもなお「要石」が不足しているようだったら試す価値はありそうです。

アーティファクトの展示場所

アーティファクトって博物館内のどこに展示されるんだろうって思っていたのですが、英雄の間にある「迎賓の間」に展示されるようです。


アルヴァロの道具のレプリカは、

・鉄のインゴット 1
・薪 1
・革ひも 3

の材料で作成できます。

ギルドハウスのトロフィーケースに飾ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました