LotD:遺跡の発掘現場一覧 ドゥーマー、ファルマーの発掘現場各1か所追加 2020.10.18

【スカイリムSE】プレイ記録59:内戦、帝国軍に参加

 今回の内戦クエストには前々から予告していた通り、「帝国」側に参加して進めることにします。

 ウィンターホールド大学のアークメイジになったので、ウィンターホールドとの街と大学の関係を何とか改善したい。それには首長の交代が必要です。そんな政治的思惑の前にウィンドヘルムにノルド至上主義がはびこっているのがやっぱり気に入らない。

 なんせ、ブレトンとカジートコンビの冒険プレイだもんね!

現在の勢力図

 スカイリムの現在の勢力図はご覧の通り。(元地図はWikiからお借りしました。ありがとうございます)

 赤が帝国軍勢力、青がストームクローク軍勢力、白が中立です。

 ホールドの数で言ったら帝国とストームクロークは互角の各4ホールド。キレイに東西に分かれています。こう見るとスカイリムのほぼ中央に位置するホワイトランの重要性が一目瞭然です。

 内戦で最初の戦地になるホワイトラン。帝国もストームクロークもここをなんとか占拠したいようです。

 

 各首長の顔だけ見てると(全員左向きですねw)、ファルクリースのシドゲイル首長がとってもくせ者に見えてくるのは私だけ?

 実際、内戦クエストに絡んでくることはないこの男ですが、山賊と取引してたとか、首長の仕事は気ままでいいもんだぜ~なんて、お気楽で他の首長とはちょっとちがっています。

 でも、実はこういう男こそ、うまく世渡りをしていきそうじゃありませんか?平気で裏切りそうだし。

 最も南に位置するので背後の心配はありません。ファルクリースが寝返ってホワイトランを急襲したらどうなることか。あっ、でも衛兵がそんなに居ないか。

忠誠を誓う

 リッケ特使の「一人でフラーグスタート砦を一掃してこい」って無茶ぶりに答え、ソリチュードに戻って報告するとテリュウス将軍による「誓いの儀式」が行われました。

 フラーグスタート砦の山賊一掃ですが、一人だけとんでもなく逃げ足の速いアルゴニアンが居て、この男を捕らえたのがフロストリバーの更に南。えらい遠くまで逃げられました。

 いい斥候になったであろうに・・・、見どころのある山賊でした。

 では、皇帝と全ての帝国市民に忠誠を誓います。

ミア
ミア

名誉にかけて、タイタス・ミード2世陛下への変わらぬ忠誠を誓います。
そして偉大なる帝国の将校たちに揺るぎない忠誠を。
もし与えられた義務を怠れば、神の審判を受け、地獄へ落とされんことを。
皇帝万歳!帝国万歳!

 

 タイタス・ミード2世と言えば、旧ブログの闇の一党没入プレイで暗殺をしてしまった皇帝なのでなんだか複雑な気分です。あの時はすまんかった、皇帝。

 今回は死なない予定の皇帝にも誓いを立てて、晴れて帝国軍に入団しました。

 今後は、街道でストームクローク軍と遭遇したら襲撃を受けます。

 

吟遊詩人大学入学

 ウィッチャーのドラマを見ていた影響もあり、以前はそれほど気にならなかった「吟遊詩人」に興味が沸いてきました。

Become a Bard 日本語化対応 イマージョン - Skyrim Special Edition Mod データベース MOD紹介・まとめサイト
Become a Bardの解説・説明 各宿屋で楽器を演奏する事により報酬や宿代を得る事が可能になります。 報酬を得るには各宿屋主人との会話から交渉可能です。 演奏を行うことで宿代が免除されるほか、新たに吟遊詩人スキルが追加され、スキルが上がる毎に多くの報酬を得られます。 自動的に追加される「吟遊詩人の日記」で現在の...

 このmodを入れて「吟遊詩人プレイ」も考えていたのですが、どうもこれがうまく動いていません。

 各宿屋で演奏はできるのですが、肝心のこちら ↓

曲数は125曲以上。ヴィアルモから歌集を購入することでレパートリーが増やせます。
ソリチュードの吟遊詩人の大学の学長ヴィアルモが楽器と歌集を販売します。

 これな・・・・・・。ヴィアルモ校長との会話に売買の選択肢が出てこないんですね。

 色々と情報を調べたり、パッチをあてたりもしたのですが今の所、ヴィアルモ校長は頑なに歌集も楽器も売ってくれません(´;ω;`)ウッ…

 とりあえず始めてしまってはいるので、手持ちのレパートリーでしのいでいきたいと思います。(なんとか復活できる方法は探し続けます)

 入学願いを話した時のこのシーン、今となってはこの女性が誰だかわかりませんが・・・、幸先悪かったのかもしれません(そんなバカな)謎の呪いとか?

 吟遊詩人大学クエスト「オラフ王の焚刑祭」も開始されているので、内戦と平行しながら進めていきますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました