LotD:遺跡の発掘現場一覧 ドゥーマー、ファルマーの発掘現場各1か所追加 2020.10.18

【スカイリムSE】プレイ記録19:デイドラクエスト「思い出の夜」後編

 前回の記事で巨人のグレクを倒してしまうことに罪悪感を持ったと書きましたが、Twitterで同じ気持ちを抱いていた方がいらっしゃって「グレクを倒さずにヤギを救う」とツイートされていました。

 その手があったか・・・。と大いに反省し、グレクのシーンからやり直してみました。

 気持ち一つで、グレクとグレダが仲良しに見えてくるから不思議なものです。

 「巨人とグレダ」・・心優しい巨人とヤギの心温まるストーリー。

 みたいな短編小説が書けそうなシーンです。

グレク再び 

 巨人が大嫌いと公言してきましたが、このグレクだけは例外にします。

 と言うのも、やり直そうとセーブデータをさかのぼり再開したのですが、この巨人はヤギを連れ去らない限り近づいても敵対してこないんですね。

 おまけにオオカミがヤギを襲いにきたのですが、巨人は渾身の一撃で狼を撃退し守りました。

 爆風だけでヤギが死にそうな勢いですが、うまいことオオカミだけをぶっ飛ばしています。

 さて・・・このあと戦闘中のスクショがうまく撮れなかったので文章だけの説明になってしまいますが、ヤギに話しかけると巨人が怒って戦闘態勢をとってきます。

 私は「催眠」の魔法(鎮静の強いやつ)を巨人に向けてぶっ放したのですが巨人には効きません。私のスキルレベルが低いからのようです。

 イニゴが巨人に一太刀浴びせて、「うわぁやべぇ」と思い、私の戦闘モードを解除して「口笛」を吹きます。

 「イニゴの口笛」は、

 戦略上の運営
 武器・呪文などを装備している時は口笛で攻撃準備の意図を伝えられます。攻撃態勢を取っていない素手の状態の時は、手を出すなという合図になります

 という使い方もできます。

 イニゴが口笛に反応して戦闘態勢を解除すると、不思議なことに巨人もすぐに戦闘態勢を解除してくれました。

 しばらくこちらを眺めていた巨人はくるりと向きを変えて歩き去っていきました。

 その背中からは哀愁が感じられてちょっとかわいそうに思っちゃいました。

 こうして偶然の奇跡?だったかもしれませんが、巨人を倒さずにヤギを救い出すことに成功し・・・前回の記事のラストに続けたいと思います。

イソルダに会いに

 ヤギのグレダを救出し次のヒント「ホワイトランのイソルダ」をもらった私とイニゴは、ホワイトランに到着しイソルダを探します。

 ホワイトランの市場へ向かうと早くもイソルダがこちらを見ながら待っていました。

 今度はいったい何をやらかしてしまったんでしょうか。 

 「婚約を破棄したんでしょ?結婚指輪を返してよ」と突然言われるのですが、もう何が何やらさっぱりわかりません。

 デイベラの聖堂で酔っぱらってゴミを散らかし、ロリクステッドでヤギを巨人に売り払い、次は「結婚しようとしてた」って、いったいどういうつながりなのよ。

 他の選択肢の会話も見ながら要約すると、

 ウィッチミストグローブと言う場所で婚約者と出会った私は、イソルダからツケで結婚指輪を買ってプロポーズに行ったってことみたいです。

 その結婚指輪はイソルダも気に入っている指輪だったので婚約が破棄したのなら返してよって話です。

 

イニゴ
イニゴ

ウィッチミストグローブは鐘を鳴らさない。お前が性急にも求婚した人は誰なのか、気になるな・・・それと彼女に姉妹がいないかどうか。いや、なんでもない。

 

 イソルダとの会話はプレイヤーの性別によって婚約者が「彼女」「彼」と変わるように二通りありましたが、イニゴの会話は婚約者が「彼女」って断定しているみたいですね。

ウィッチミストグローブへ

 なんだかよくわかりませんが結婚指輪を探しにウィッチミストグローブへと行くことになりました。

 場所はウィンドヘルムから南下した辺りなので、馬車でウィンドヘルムへと向かい徒歩にて移動します。

 血痕がそこかしこに散らばっているおどろおどろしい場所に一軒の小屋が建っていて、中からハグレイヴンが出てきました。

 頭にマーカーが付いているので、てっきり私はこのハグレイヴンが私から結婚指輪を奪ったものだと思っていたのですが。

 この時イニゴは異変を感じて私にこう警告してきます。

イニゴ
イニゴ

この場所は面倒な匂いがする。きっと武器を用意しておいたほうが良い。

私の婚約者

ダーリン!帰ってくるのを待ってたんだ、さあこの愛を完成させよう!

 イソルダに婚約者のことを聞いた時、

満月の日に、ホタルの光につつまれながら、ウィッチミスト・グローブの一番大きな木の下で出会ったのでしょう。まるで夢の世界ね

 と言っていましたが、こんなロマンチックな状況でこのモイラ(ハグレイヴン)にプロポーズしたんですね・・・酔っぱらいすぎです、私。

 このセリフの原文は、

You met at the full moon, under the biggest tree in Witchmist Grove, surrounded by fireflies. It was straight out of a storybook.

 こちらですが、蛍って英語で言うと「firefly」なんですね。知りませんでした。

 日本語だと蛍の旧字は「螢」。上に「火」が二つあるのは松明を意味するのだとか。

 この旧字はなんだか風情があっていい字ですよね。

 英語も日本語も「光」じゃなくて「火」がキーワードになってるのは面白いです。

 

 日本語って素敵だなぁなんて感傷に浸っている場合じゃありません。

 指輪を返して欲しいんだけど・・・と申し訳なさそうに言ったのですが、そりゃあ怒りますよね。  

なんだって?さては黒い羽のエスメレルダなんかにやるつもりだね!あの女にあんたは渡さないんだから!

 これは巨人の時と同じく完全に悪いのは私ですよね・・・・・・。

 売買したのに倒してヤギを取り返す。婚約したのに倒して指輪を取り返す。

 酔っぱらっていたとはいえ許されない行為です(-_-;)

 

 この会話に出てくる「黒い羽のエスメレルダ」は調べてみたのですが特にNPCとしては出てこないみたい。

 ただスカイリムLE版のmodにこんなものがありました。

Halamshiral - Mage Tower 日本語化対応 家 - Skyrim Mod データベース MOD紹介・まとめサイト
Halamshiral - Mage Towerの解説・説明 ハイヤルマーチの湿地帯に魔術師の塔「Halamshiral」を追加します。 三階建ての円型の建物となっており、吹き抜けの各階を梯子を使って移動出来ます。 Elianora氏の作品らしいセンス溢れる様々なオブジェクトの配置により、 使い勝手の良い雰囲気抜群の...

 追加カスタム家modですが、この家を買う時に「エスメレルダ」から鍵を買うそうです。

 この会話の一瞬にしか出てこない「黒い羽のエスメレルダ」に目をつけるとは、なかなかマニアックなmodです。(LE版なので使ってみてはいないです)

 画像で検索すると何枚かこのエスメレルダの顔がヒットしますが、ハグレイヴンではなく普通の魔女のように見えます。

 このモイラとエスメレルダ、どっちに指輪を上げるのかと言われたらエスメレルダと即答できるレベルですがモイラにそんな理屈は通用しません。

 巨人の時の二の舞は踏まないぞと、モイラに「催眠」をかけてみました。

 催眠はみごとに成功しモイラの敵対が解除されました。

 されました・・・が、スリの要領で指輪を盗んで逃げようと思ったのですがスリができないのです。 

 スリも出来ず、会話も出来ず、こうしてモイラと無言で向き合う状態に(;´∀`)

 すいません・・・さようなら、モイラでここは乗り切ります。

 指輪回収。

このモイラはこちらが戦闘態勢を解除すれば戦わない選択も出来るみたいです。
愛の力・・・でしょうか。でも指輪を手に入れるためには結局倒さざるを得ないらしいです。

 ウィッチミスト・グローブ入手本:「ベロのスピーチへの反応」(破壊スキル書)

モルブンスカーへ

 ホワイトランに戻りイソルダに指輪を返すと、式を挙げる予定だった「モルブンスカー」に行くことになりました。

 ウィンドヘルムから南下した場所にあるので馬車でウィンドヘルムへと移動します。 

 挙式をする場所だと言うのでどんなにステキな場所かと思いきや、魔術師たちが襲ってくる普通の砦です。

 おまけに地下にはいかれた魔術師が居て怪しげなことをやっています。

 魔術師たちを倒しながら中へ進んでいくと「霧の森」と名前の出ているでっかいシャボン玉みたいなのがあるので、恐れずに中へ入ります。

サム・グエヴェン再会

 ようやくサム・グエヴェンと再会できました。

 テーブルでは「平民」たちが飲み食いしていますが話しかけても会話にはなりません。

 「杖を修理する素材」をサムに渡すとサムは正体を現します。

 彼の正体はデイドラの「サングイン」でした!!

 ・・・・・・。

 それで・・・、なぜ私はこんな苦労を・・・・・・。

 このデイドラの「サングイン」は、こんな奴です。

 サングインは快楽主義的な供宴や道楽、よこしまな欲望への耽溺をつかさどる。(「デイドラ全書」より)

 彼の「軽いお遊び」に付き合わされたと言いますか、彼の持っている「サングインの薔薇」という杖の持ち主にふさわしかったので遊んでやった?みたいな感じ、かな。

 そもそも「杖が壊れた」ことや、その杖を私が持っているのか、サムが持っているのかその辺も会話の内容でどっちにでも取れるもので、なかなか解読するには難解な背景です。

 完了したクエスト内容を見ると、

サムは放蕩を司るデイドラの大公、サングインだとわかった。スカイリム全体がお祭り騒ぎに酔った夜、彼に駆り立てられた。迷惑料としてサングインの薔薇をいただいた

 と書いてあります。「スカイリム全体がお祭り騒ぎ」??そんなことになってたの?(笑)

 「この100年で一番うれしい出来事だ!」なんて喜んでいたので、まぁ・・・喜んでいただけたのならね。モイラには悪いことをしましたが・・・・・・。

目が覚めたのか?

 良く理解できないまま、「杖を持ったお前がここに居てもつまらん、じゃあな」と会話を打ち切られてしまい(;´∀`)、気がつくと最初に「飲み比べ」をした酒場「デッドマンズ・ドリンク」に飛ばされていたのでした。

イニゴ
イニゴ

デイドラの大公と飲み明かしたんだな、わお。俺たちは盛り上げ方ってやつをよく知ってるよな・・・事実がそれを証明している

ミア
ミア

あの夜のことは私達だけの秘密にしないか?

イニゴ
イニゴ

分かった。お前はハグレイヴンを話題にしないし、俺はヤギの事を言及しない

ミア
ミア

ヤギがなんだって?

イニゴ
イニゴ

そのままの意味だ、さて一杯どうだ?
冗談だ。肝臓が許してくれないよ

今回得た教訓

イニゴ
イニゴ

これからは俺達どちらか一人はかならず素面でいたほうが良いんじゃないかってな

モルブンスカーで入手した本

「エルバン動物寓話集:ハグレイヴン」(モイラの呪いだ・・・)、「赤鷲の伝説」、「高まる脅威 第1巻」、「パルラ 第1巻」、「アジル・トラジジャゼリ」、「聖蚕の恩恵」、「大いなる天空」、「本物のバレンジア 第3巻」、「本物のバレンジア 第5巻」、「スカイリムの冒険案内」、「チャンスの愚行」、「ペリナルの歌 第5巻」、「タララ王女の謎 第3巻」(破壊スキル書)


 このクエストに限っては「説得」や「威圧」などで、巨人やハグレイヴンと戦うことを避けていったほうが良いかもなぁ。まぁもうやらないけど(-_-;)

 さて次回から「普段の冒険」に戻ろうと思っていたのですが・・・・、モイラの呪いなのかウィッチミスト・グローブの宝箱を開けたら、メリディア様のお願いが始まりました。

 そっと閉じることなく入手したので、次回やってみようと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました