LotD:遺跡の発掘現場一覧 ドゥーマー、ファルマーの発掘現場各1か所追加 2020.10.18

【スカイリムSE】プレイ記録8:リフテンじっくり探索 2 執政アヌリエル

 リフテン市場をボーッと眺めて過ごすバシアヌス。

 彼はいったいどうやって生計を立てているんでしょうねぇ。

 気になって「スリ」の要領で持ち物を覗いてみたら驚愕の事実が発覚しました。

 詳細はWebで!詳細は記事の最後で!

 リフテン探索2回目は、執政アヌリエルに焦点を当ててみます。

 

執政アヌリエル 

 リフテンの首長はライラ・ロー・ギバー。彼女の内戦の立ち位置はストームクローク派です。

 この人は「人が好い」首長としてスカイリムのプレイヤー達に広く認識されている通り、リフテンがメイビンに牛耳られていることに全く気がついていません。

 

 首長を裏で操っているのが執政のアヌリエル

彼女(メイビン)がリフテンに来てくれてよかったわ。この街に安定、雇用機会、そして戦略的価値をもたらしてくれるんだから

 と、誰もが知ってる影の支配者メイビン・ブラック・ブライアをべた褒めしています。

 それもそのはず、内戦クエストを帝国側で進めたことがある方は真相をご存じのはずです。私も知ってます。

 

 首長ライラとの会話では、

 首長:「この街に、スクゥーマという名の毒があるかもしれないんですって。何か知ってることはある?」

 執政:「たぶん、それは帝国が嘘をついたんだと思う。あなたには統治能力がないと国民に思わせるためにね」

 と嘘をつき、(リフテン倉庫でスクゥーマ関連のクエストがある)

 

 首長と首長の息子の会話には、

 首長:「街の地下にある下水道のことなんだけど、人々がここに入り込んで行方が分からなくなったらしいわ。何か知ってる?」

 息子:「ああ、聞いたことがある。アヌリエルによれば、そんなの単なる作り話だ。あそこにははぐれたスキーヴァーが数匹いるくらいらしい」

 と、またアヌリエルの嘘が出てきます。

 

 実際、リフテンの地下には盗賊ギルドの本拠地があるので、そこに目を向けさせないようにしているアヌリエルは盗賊ギルドともつながりがある(メイビンの指示かもしれませんが)ことが想像されます。

 

 ただ、こんな手紙もありました。

 これはマーラの聖堂にあったもので、アヌリエルからマーラの司祭マラマルに宛てて書かれた「混乱に関する報告」という手紙です。

手紙「混乱に関する報告」

マラマル

聖堂隣の墓地地域での騒ぎに関して多数の報告を受けており、ぜひあなたに調査してもらいたいのです。
石と石が擦れる音”と墓の周りをうろつくぼんやりした人影が報告されています。調査のために衛兵を送りましたが、何も見つけることはできませんでした。
アレッサンドラにはすでに相談しましたが、彼女が行うアーケイの儀式とこれらの奇妙な報告は関係ないと言うのです。少しでも結構ですので、お力をお借りできればと存じます。

アヌリエル
リフテンの執政

 

 ”石と石が擦れる音”とは、盗賊ギルドのあの秘密の入口のことですが、こんな手紙を出してしまって真実がバレてしまったらどうするんでしょうね。

 

 余談ですが、今回私はこれを読むまで「アレッサンドラ」の存在に気がつきませんでした・・・・・・。

 

 

 アヌリエルの部屋には執政と言う地位には見合わないような貴金属が置かれています。悪事に手を染め私腹を肥やすという定番の構図が見えます。

 

 アヌリエルの部屋にメイビンからのメモがあります。

メモ「シビ・ブラック・ブライア」

手短に我が息子、シビについて書く。
息子は、他のブラック・ブライアの一員同様に扱い、息子の要望には異議を唱えることなく、敬意を表して従わなければならない。
しかし、彼の自由になりたいという望みは、私の許可なしに聞き入れてはならない。
シビは身の程を知らなくてはならない。それを分からせる唯一の方法は息子を監禁することである。

メイビン

 

 メイビンの息子「シビ」については別記事で触れようと思いますが、このメイビンの要望通り投獄されているシビの独房の中は、貧乏で家もまだ持てない主人公よりもよっぽど豪勢な暮らしっぷりをしています。

 

 このメモからも、アヌリエルがメイビン・ブラック・ブライアと繋がりがあることがわかります。

 結局、このアヌリエルもメイビンに操られているだけなので、実質的に首長ライラを操っているのはメイビンかと思われます。

場所をわきまえろアヌリエル

 このアヌリエル、首長ライラの私兵(原文ではハウスキーパーなのですが、それにしてはいかつい)「アンミッド・スノー・ショッド」と怪しい関係にあるようです。

 アヌリエル:「いとしいアンミッド、あとでまた会える?戦闘訓練のときとか・・・」

 アンミッド:「もちろんだ。まだ訓練は完了していない」

 アヌリエル:「じゃ、楽しみにしてるわ」

 

 なんの訓練をするつもりなんでしょう・・・・・・。

 首長の目の前でこんな会話をする二人が側近です。周りにもっとまともな人物が居たらライラも少しは変わったのかもしれませんね。

アンミッド・スノー・ショッドの顔

 

 スノー・ショッドと言えばちらし配りの時に、「マーラ、マーラってうるさいよ」と怒っていたヴルウルフの家名ですが、このアンミッド・スノー・ショッドは彼とどういう関係なのかわかりません。

 家名が同じなので姻戚関係にあるのだとは思いますが。

 

 最初、アンミッドはこんな顔でした。

 こんなもんだと思ってました(笑)

 

  でも、スノー・ショッドならノルドだろうなぁ・・・と気がつき、パッチをあててみると・・・。

 ノルドっぽくなりました(;’∀’)

 顔黒を、ロードオーダーではなくパッチで直す技術?を身に着けた私でしたw 

 

バシアヌスの謎

 イヴァルステッドからリフテンに引っ越してきたバシアヌスですが、昼間はボーッと過ごし夜になると「ヘルガの宿」で寝泊まりをしています。

 いったいこの男の収入源はなんだろう?と気になり、持ち物をのぞいてみたら・・・、

 なんと、この男。「クリメクの家の鍵」を持っていました。どういうこと?

 これはイヴァルステッドに居る頃から持っていたんだろうか?

 てことは、クリメクとバシアヌスは同棲していたのか?

 ファストレッドとクリメクとバシアヌス。

 まさかの三角関係・・・・・・。

 あのクリメクが・・・いやいや・・・まぁいいんだけど。

 

 そういえばクリメクの家ってたいてい鍵がかかっていて入れません。

 それに何故かクリメクの家から衛兵が出てくるのをよく見かけます。

 クリメクも川でボーッとしてるし、ハイフロスガーへは無償で供物を届けてるし、なんの仕事をしているのかよくわかりません。

 

 ファストレッドはどこで寝泊まりしているんだろうと、実家に行ってみました。

 すると何故か家族3人、テーブルには向かわずに反対向きで仲良くパンを食べてます。

 

 

 夜になったら旦那のクリメクの家に戻るのだろうと思ったのですが、

 そのまま実家で寝ちゃいました。

 

 クリメクはどこに居るかと言うと・・・、

 相変わらず宿屋でナンパです。

 結婚は破綻したようです?

 

 リフテン探索はまだまだ続きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました